ラバーウッドについて

ラバーウッド

ラバーウッドは、別名ゴムノキともいわれ、ゴムの樹液が採れることで有名なブラジル原産の広葉樹です。

樹液採取を何年間か続けると木の勢いが衰えてしまうため、かつては樹液採取後に大量廃棄されていましたが、現在は伐採した後の木も、集成材や家具材として有効活用されています。

ラバーウッド

またラバーウッドは、南米や東南アジアなど暑い地域に生息する木なので、成長が早く、森林資源の保護に役立つといわれています。

そして前述のように、資源の有効利用もされているため、「環境にやさしい、エコな木材」といわれています。

ラバーウッドの一番の特徴は、加工後の手触りがとても滑らかであること。テーブルは直接手で触れることの多い家具なので、心地のいい手触りのものがいいですよね。

また木目はとても柔らかく穏やかです。ほっとするような、安心感を与えてくれます。

環境にやさしい、エコな木材であるラバーウッドは、手触りがとても滑らかです。

硬い木材なので、書き物を多くされる方やデスクワークされる方におすすめです。


ラバーウッドの特徴


  • 柔らかく穏やかな木目の印象
  • 心地のいい滑らかな手触り
  • 環境にやさしいエコな木材
  • 集成材なので、乾燥や湿気による反りなどの影響が少ない
  • 広葉樹であるため、木の硬さは硬め(木材の比重の参考値:0.66 g/cm3)
  • 表面が滑らかで硬い木材なので、テーブルで直接書き物を多くされる方や、
    デスクワークをされる方などにたいへんおすすめです
ラバーウッドの商品ページへ